断熱材「セルロースファイバー」の販売、施工は、株式会社エーライフにお任せください。健康住宅についてまとめております。

セルロースファイバーの販売・施工 株式会社エーライフ
セルロースファイバー健康住宅とは法人・工務店の方へ資料請求お問い合わせご相談・お見積もり
HOME健康住宅とは

健康住宅とは

健康住宅とは、建材の材質や工法、仕様などを工夫することにより、有害化学物質による汚染やカビ、結露などの発生を防ぐことで、快適で健康的な生活を送ることができる住宅のことをいいます。

健康住宅を建てる際、ホルムアルデヒドなどシックハウス症候群の対策ばかりに目が行きがちですが、カビ、結露などが発生する住まいでは、健康住宅とは言えません。

そこで、弊社が皆様におすすめしているのが、断熱材「セルロースファイバー」です。 天然素材の断熱材セルロースファイバーは、シックハウス症候群の原因となるVOCやホルムアルデヒドを含みません。すべて天然素材で健康住宅を建てる場合、断熱材はセルロースファイバーがおすすめです。

▲ページの先頭へ戻る

シックハウス症候群

近年、住宅を高気密化することや、化学物質を放つ建材や内装材を使用することにより、新築や改築後の住宅などで、化学物質により室内空気が一定の濃度レベル以上に汚染され、居住者が体調不良を訴える事例が報告されています。
それらの症状は多様で、症状発生の仕組みをはじめ、未解明の部分も多く、また様々な複合要因が考えられることから、「シックハウス症候群」と呼ばれています。なお、シックハウス症候群という言葉は和製英語で、欧米ではシックビル症候群(Sick building syndrome; SBS)あるいはビル病と呼ばれています。

▲ページの先頭へ戻る

VOC(ブイオーシー)

常温常圧で空気中に容易に揮発する物質の総称で、主に人工合成されたもの。英語訳の頭文字をとって、VOCと略されることもあります。
比重は水よりも重く、粘性が低くて、難分解性であることが多いため、地層粒子の間に浸透して土壌・地下水を汚染します。一方、大気中に放出されると、光化学反応によってオキシダントやSPM(浮遊粒子状物質)を発生させると考えられています。
1970年代初頭から農薬や、主に電気工場や半導体工場で洗浄剤などとして大量に使用されていました。当時規制する法律がなく、土壌にそのまま廃棄されていたのが、再開発等によって汚染事例が数多く判明してきており、社会問題化しています。
一方、大気中に放出されるVOCは、環境省の試算では国内で年間約185万トン、諸外国と較べて単位面積当たりの排出量が高く、濃度も高い等の理由から、特に固定発生源からの削減義務等を規定する大気汚染防止法(1968年)の改正の動きも進んでいます。

▲ページの先頭へ戻る

ホルムアルデヒド

シックハウス症候群の主な原因と言われる化学物質。
強い刺激臭のある気体で、合成樹脂の原料となるほか、木材処理など幅広い分野で応用されており、住まいの中ではビニールクロス・接着剤などに多く含まれています。
近年、その有害性が指摘されるようになり、ノン(ゼロ)ホルムアルデヒドをうたった健康志向のクロスや接着剤が登場し、人気を集めています。

▲ページの先頭へ戻る
セルロースファイバーは本当に素晴らしい断熱材です。ぜひ一度お問い合わせください!
→HOME →サイトマップ お気軽にお問い合わせください TEL:072-638-5752 →HOME →サイトマップ ページの先頭へ戻る 資料請求 お問い合わせ メール